明けましておめでとうございます

2019年元旦の空
2019年元旦の空

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

2019年がスタートしました。

今年は「覚悟を決める」がキーワードになるようです。

いろんな場面で覚悟を決めることが突きつけられると思います。

それは、今の自分が想像している範囲内の生っちょろい覚悟じゃなくて、「生きるか?死ぬか?」もしくは「今生の別れ」・・・そんな覚悟です。

 

今年から、「みんな一緒」という概念が壊れていき、「自分の人生を生きなくてはいけない」・・・その選択を全ての人々が迫られるのです。

今までなら、親子だから・・・、パートナーだから・・・、家族だから・・・という甘えがあり、どこかで依存しあう関係をズルズルと続けていたと思いますが、もうこれからは通用しなくなるようです。

例えば、親子関係で説明すると・・・

思春期を迎え大人になった子供は、自分の人生を歩んでいきます。今の子供たちは新しい時代のエネルギーを生まれたときからインストールしているので、昔チックな義理人情とか儒教的感覚とか昭和的価値観は全く通用しないのです。

直感型で自分の人生の舵取りも自分でやっていきます。そめため、親元で世話をしてもらい大きく成長したら、容赦なく親元を離れて自分の人生を自分らしく生き始めます。

その巣立ちの時も直感と情熱で、何かに突き上げられるようにしてゴイゴイと行動に移していくのです。

その時、親は、覚悟を決めて、子供を社会へと解き放ってあげなくてはいけません。

引き留めて親元に留めておけば、親は安心できて満足でも、子供は病んでいきます。

動物の母親が、子供が大人になったら自分から引き離して野生の世界に旅立たせるように、人間の親も子供が成人したら「今生の別れ」をする覚悟で親元から出して自立させなくてはいけません。今、子供が幼くて小さくても、そういう時期が将来来ることを覚悟しながら、子供と過ごした日々が「心に残る一生の思い出」となるよう、愛に溢れた有意義な時間にしてくださいね。

これと同じように、自分の親に対しても、毅然とした気持ちで精神的に自立していくことを決意してください。罪悪感や哀れみから無理して一緒に過ごすのではなく、自分の本心に沿って行動してください。

子の決意ある言葉や行動が、親の意識に揺さぶりをかけて影響を与え、親の魂を進化させます。情に流されず、自分をもっと大事にする形で、現実的に判断し行動してください。

「親離れ・子離れ」が、今までよりもっと高レベルに深く進めていくことが必要になります。甘えて問題を先延ばししていたら、間違いなく今年は共倒れになります。

今まで後回しにしていた「覚悟」を今年は必ずやってください。

そして、親離れ・子離れが進み、精神的に自立できたら、次は「自分の人生をどうしようか・・・」と、一番大切なこと(自分のこと)を真剣に見つめ直してください。

そんな感じで、自分を取り巻く全ての人間関係について、「割り切る」、「覚悟を決める」、その必要性が出てきます。このとき、相手の気持ちを重視して相手に合わせるのではなく、相手と自分の境界線をしっかり引いて、相手ではなく「自分の気持ち」を最優先にして決断してください。そうした「覚悟」が今年は大切です。

 

そして、もう一つ。

今年は、「お金」も大切なキーセンテンスになりそうです。

お金の概念も今年を境に大きく変りそうです。個人個人、それぞれに興味や関心が向く形で、お金を稼ぐ&増やす取り組み・お金の入り口を作る取り組み・・・を今年は始めてみてください。

そのとき、それと平行して「お金についてもっと勉強してみる」と良いと思います。

私も今とてもお金に興味があって、これは自分だけのことかな?と思ったのですが、どうもそうではなさそうです。もっと全体的に・・・そう地球上の集団意識が「お金」にフォーカスしているみたいです。

従来の感覚や古い価値観では、お金は回ってきません。

今のこの時代、『新しい価値観に基づきたくさんのお金を社会に循環させて繰り回している人(成功している人)』の話を聞くと良いと思います。

お金について学ぶなら、昭和的な感覚の「守銭奴」とか「成金」とか言われる古いタイプのお金持ちでは無く、もっと軽快に明るくお金を繰り回し社会にお金をどんどん循環させながら自分の夢を実現させている新しい人たち・・・(そういう人は、新しい時代のお金の使い方を宇宙からインストールしているので)、こういう人の話を聞くと、良い意味で大いに刺激を受けて、新しい感覚について学ぶ良いきっかけになると思います。。

 

今年は、いろんなところで、古くて機能しないものを手ぱなす覚悟、自分の役目は終わったんだということを悟る覚悟、自分の新しい役目を受け入れる覚悟、新しい感覚ややり方を取り入れる覚悟、行動し実行する覚悟・・・等、様々な覚悟が必要になっていきます。

覚悟が無いと、この2019年は生きていくことが大変になるでしょう。

 

覚悟の一年・・・。

もうすでに覚悟ができて腹が据わった人は、その覚悟を武器に自分の未来を勇気を持って闊達に切り開いてください。

今までずっとズルズルと覚悟から逃げてきた人は、今年は自分と向き合い、自分と闘う年だと腹をくくって、自分のエゴ&心の弱さと向き合い、覚悟を決める一年にしてほしいと思います。

 

自分の足で生きる一年。

たくましく勇敢に生きましょう!

 

 

本の紹介~

 

『すべては魂の約束ー親子、夫婦、友人、自分自身ー本当に幸せな関係を築くために』

山川紘矢・山川亜希子(聞き手)磯崎ひとみ

 

たまたま偶然見つけて心引かれたのでAmazonで取り寄せて、この年末年始に一気に読みました。

山川夫妻の最新本です。こちらは対談形式になっていて、とても読みやすいです。

人間関係の中でも、特に関わりが深い「夫婦」や「親子」の関係について、また「友人」や「ソウルメイト」など、それらをスピリチュアル的に分析し、ご自身の体験を交えながら語り綴った内容です。

ご夫婦は日本のスピリチュアル界ではパイオニア的存在ですが、それでもご自身の心の探求の取り組みをずっと続けていらっしゃっていて、その体験(心の変化や成長の流れ)も赤裸々に語っていらっしゃいます。(←すごく参考になりました。)

2019年のスタートにこの本を読むことができたのは、私にとってまさに「宝」でした。

素晴らしい一冊です。