瑞兆

4月28日の空。みどり湖PAにて。
4月28日の空。みどり湖PAにて。

昨日、私用で長野県に行ってきたのですが、その時、高速道路で不思議な虹に遭遇しました。

 

最初は小さな彩雲だったのですが、それがみるみる大きくなり、色も力強く濃くなっていき、見事な一本線の虹になりました。

 

私たちが乗っている車のちょうど真ん前(進行方向の空)で、この現象が起きたので、ずっと一部始終を見ることができました。

 

とても神秘的で神々しい風景でした。

 

歴史学を学んでいる友人の話によると、昔、天平時代には「彩雲」は吉兆のしるしとして喜ばれ、この瑞兆を機によく「改元」を行ったそうです。(万葉時代は今と違って天皇様の崩御に関係なく、気の流れを変えるようなタイミングでよく改元していました・・・)

奇しくも、平成から令和へと元号が変わるこの時期に、こんなにも素晴らしい瑞兆が表れて、まるて神仏から祝福されているような・・・そんな気がしました。