平成最後だから、本音を語る

今回は、私がずっと感じてきたことを、この場で正直にお伝えしますね。

 

私は2014年からスピリチュアルカウンセラーとして活動してきました。

対面セッションと遠隔リーディングを行い、いろんなご相談をお受けしてきました。

そんななかで、私が感じてきたことは、

成長する気が無い人は、どんなに一生懸命にお伝えしても、ただエネルギーを吸い取るだけで、何も変わらない

・・・ということです。

 

この6年間の活動の中で、私と出会い、私のエネルギーに触れて大きく変化・成長していった人もいれば、その反対に、私から「自分にとって都合のいい、耳障りの良い話」を引き出そうと必死になる人もいました。プライドが高くてなまじ知識が豊富な人ほど、その傾向が強かったです。よく知っているんだけど、スピリチュアルな実践は何もしていない・・・という人たちです。その場合、相手のこうした下心&私へのマウントがビンビンと伝わってくるので(汗)、非常に話がしにくいんですよね・・・。

 

最初から「自分の現実」に蓋をして絶対に認めない人たちなので、私の前でも「良い人」「よくできる人」を装うんだけど、核心に触れる部分は絶対に触らせないぞー!という圧力も醸し出していて、本当にやりにくい人たちでした(汗)。私の話なんてほとんど聞いていなくて、それより、私から「自分を賞賛する都合の良い話」を引き出すことに真剣です。

 

ですので、もしも、私から「耳障りの良い、都合のいい未来の予想図」が引き出せないと分かると、急に態度を一変させたり・・・等、本性をむき出して、私のことを急に頭から見下す人も時にはいました。

 

また、その逆で、依存心で私に擦り寄ってくる人もいます。パワーのある人に引っ付いて、その人のパワーを吸い取り、それで自分を立てている・・・という人です。そういう人も、自分の現実を受け入れる力が弱いので、クリアに現実的な話ができません。少しのことでいちいち傷ついて被害者ぶるので、こちらも本当に気を遣います。ピリピリしますよ(汗)。こういう人たちは、被害者という立場を確保することで、人から大事にしてもらう機会をゲットし、それで自分の身を立てているのです。

 

そういう人たちって、言葉では表向き「良いこと」を並べて、よく分かっている風を装うのですが、現実的には何もしていないのが見え見えだし、私を利用しているだけというのも筒抜けで分かっちゃうから(汗)、これもこれで大変でした。私の話を聞きに来たんじゃ無くて、私に優しくしてもらい受容してもらいたくて来ているので、頭から自分を成長させるつもりなんて無いんですよね(汗)。優しいママが欲しいだけ・・・なんですよ。

 

あと、品定め的な感じで近寄ってくる人もいます。他のサイキックカウンセラーと比較して、私のパワーを確かめにくるんです。そして、さりげなく私のエネルギーを抜いていきます。こういう人たちも、最初から私の話なんて聞く気がありません。私が感じたことを伝えると、「〇〇さん(他のサイキックカウンセラー)は、そんなこと言いませんでした」とか「それは違います!」とピシャッとシャットアウトです。何のためにここに来たのか?と不思議に感じることもあります。おそらく「私はこんなにこの業界に精通しているんですよ~」ということを見せつけたいのでしょう。あるいは承認要求でしょうか。一種のマウンティングです。こういうタイプの人は、ぶつかると本当に面倒臭いので(汗)、私は相手のペースに合わせながら、出来る範囲で最善を尽くし、時間が来たら「はい、さよなら」を心がけていました。

 

こんな感じで、今までを振り返ると、誠実に私の話を素直に聞きに来てくださる方は、全体の1/3でしょうか。誠実に自分と向き合うために私の話を聞きに来る方ばかりだと私も嬉しいのですが、現実はなかなか厳しくて、依存・エゴ・品定めの意識が強い人&エナジーバンパイヤが混じってきます。そんな人たちに遭遇すると、エネルギーが消耗するし、正直すごく傷つくし、精神的に参ってしまうので、結構大変なのです。

 

ですので、最近は、私の一番のクライアントは「私の夫」になってしまいました。私自身はこの仕事はとても好きなのですが、クリアにきちんと話ができる人になかなか出会えないので、「わざわざ自分が傷つくこともないか」と思い、ずっとお休みしていました。お休みしながら、「本当はどうしたいのか?」を常に自分に問いかけ、自分の心を整えてきました。

 

そんななか、今、私は、

自分のエネルギーは、本当に必要な人(こと)のために正しく使おう・・・と心から思うようになりました。

 

無駄に「ただ漏れ」させるのは、もう止めます。

ちゃんと適正に無駄なく使い切ろう・・・と決意しました。

 

そのための第一弾として、平成最後の日の今日、これを書きました。

今まで黙っていたけど、これが正直な気持ちです。

明るく楽しくやってきましたが、正直なところ、隠し事をするのも面倒臭くて嫌だったので、クライアントさんにも正直さを全面に出していこう・・・と思いました。もう変に気を遣うことはやめます。

これからは更にクリアにオープンにやっていきたいと思います。

 

これを読んで気分を害した人もいるかもしれませんが、私はこういう人間なのですよ(笑)。これが等身大の私です。

聖人君主じゃないので、嫌なものもあるし、苦手なものもあります。

 

お互いに気持ちよく接するために、どちらか片方が我慢して、もう片方がやりたい放題・・・というのは、なんか違うと思うのです。それに失礼なのも嫌だし、誠実さに欠けるのも嫌だし、スピリチュアル以前の問題として「一社会人」としてどうかな~と感じます。ホント、子供じゃ無いんだから・・・自分の情緒の安定を保つことも、大人として大事なことです。バランスが悪いのは、今後はNGですよ・・・。

 

ですので、これからは私自身のバランスを整えるためにも、成長する意欲がある人に私は来て欲しいし、私の話を素直に聞いてくれる人に私は来て欲しい・・・と思います。

互いに誠実さを出して、フェアでいきましょう・・・ということです。

 

 

平成最後の夜に、こっそりと本音を出しました(汗)。

 

明日からはスッキリとした気持ちで、新たに頑張りたいと思います。